2007年07月21日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話16

長澤まさみと画像。長澤まさみの過去から今までの経歴やどのような道をたどってきたのか、調べてみた。
長澤まさみの経歴
2003年には『ロボコン』に出演。初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコン大会を通じて自立して行くと言う青春映画である。この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。本人はこの映画を通じて演技に目覚めたとの事で、今もなお最も好きな作品に挙げている。
同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、及び翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、同じ第5回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと小美人役で共演し話題を呼んだ。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った『モスラの唄』が収録されている。
2004年には、社会現象となった興行収入85億円の大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』(以下セカチュー)にヒロインとして出演。白血病で逝く薄命の少女役を演じる。なお、この作品により、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(すべての部門中史上最年少)等多数の映画賞を受賞した。また、役作りのために髪を剃り上げてスキンヘッドにした。
『セカチュー』と同時期に公開された松竹作品『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演した。最新主演作『涙そうそう』は興行収入30億円を超えた。
2005年には各方面で話題を呼んだ『ドラゴン桜』に、2006年には大河ドラマ『功名が辻』に出演。同年秋には、かつて薬師丸ひろ子が主演して記録的大ヒットとなった映画『セーラー服と機関銃』のリメイクとなる連続ドラマに主演し、同名の主題歌を「星泉」名義で発表した。
2006年3月にはオリコンスタイルにて「今最も輝いている女優」ランキングで1位を獲得。また、映画雑誌『キネマ旬報』では「若手映画女優でトップに位置する」とも評された。
1952年からの歴史がある『東宝カレンダー』の表紙を、2005年から3年連続で飾っている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2007年6月23日 (土) 12:36。(長澤まさみの経歴からを抜粋)


posted by nagasawa at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話15

長澤まさみと画像。長澤まさみの過去から今までの経歴やどのような道をたどってきたのか、調べてみた。
長澤まさみのプロフィール
本名: 長澤 まさみ
出生地: 日本・静岡県磐田市
血液型: A型
生年月日: 1987年6月3日
現年齢: 20歳
活動
長澤まさみの女優活動
活動時期: 2001年-
活動内容: 2001年、『クロスファイア』でデビュー。
主な作品: 2004年『世界の中心で、愛をさけぶ』
『ゴジラ FINAL WARS』
2006年『セーラー服と機関銃』
受賞: 2001年「東宝「シンデレラ」オーディション」グランプリ
長澤まさみとは
長澤 まさみ(ながさわ まさみ、本名:同じ、1987年6月3日 - )は、静岡県磐田市出身の女優、アイドル。事務所は東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。身長168cm。血液型はA型。愛称はまぁちゃん、まっさん。父親は元ジュビロ磐田監督の長澤和明。
長澤まさみの経歴
第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。後年、本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。その後ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなる。
2002年にヤマザキナビスコのCMに出演。これが好評で長澤の名前をまだ知らない人向けに雑誌やテレビでは「ヤマザキナビスコのCMに出ている美少女」と表現されることが多かった。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2007年6月23日 (土) 12:36。(長澤まさみのプロフィールから長澤まさみの経歴までを抜粋)
posted by nagasawa at 21:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話14

長澤まさみと長澤まさみの画像。長澤まさみが日本からいなくなる。長澤まさみが、「ガンジス河でバタフライ」で泳ぐ。両親が、大丈夫かと心配して、長澤まさみと喧嘩になっても可笑しくはないだろう。親としてみれば、そこまで、やらなくてもと、思うだろうし、長澤まさみとしては、これを、踏み台に様々な演技の出来る女優になりたいと思っているだろうから、当然、すれ違いは出てくる。インド行きを反対されたらしいが、長澤まさみの「これを機に何でも大丈夫な人になろうと決めた」意志の固さに親も折れたようだが、長澤まさみのファンにとって見れば、なぜ、今、そこまでするのかと思うだろう。6月26日から一ヶ月間の予定で、インドでのロケが敢行される。長澤まさみのファンにとっては、長澤まさみの水着姿が見れるかもしれないが、それとは反対に、事故が起こらないだろうかと心配になる。長澤まさみが、バタフライで泳ぐガンジス川は、どのようなところなのか。インドからバングラデシュへ入り、ベンガル湾へ流れ込むこのガンジス川は、聖なる川として知られている。歴史を学んでいれば、おおよそのところは、わかるはずだ。現実的には、ガンジス川の川岸では、死者を火葬しその灰を聖なる川・ガンジスへと流すといわれている。このことが、死者に対する最大の敬意とされる一方で、信仰のために巡礼してくる信者が、ガンジス川で、沐浴、つまり、体を洗い清める聖なる川でもある。しかし、このガンジス川では、毎年、溺死する人も多いというから、長澤まさみ・バタフライして大丈夫かといいたくなる。長澤まさみのインドでのロケ敢行が、無事終了し、それこそ、長澤まさみが言うところの「これを機に何でも大丈夫な人」というか、女優に成長してもらいたいものだ。しかし、長澤まさみは、この一ヶ月間、日本にはいないということになるのか。
posted by nagasawa at 16:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話13

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。最終話。「ケンゾー」の掛け声で終了。視聴率は、大台に乗った。20.9%だ。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、ファンなんら誰しもがみたいシーンだっただろう。最後の最後まで、引張ってきた結末も現実から未来に向かって、将来に向かって変更を加えることにあった。成る程、これならば、出来ても可笑しくはないと思われる。「過去を生きるより現実を生きよ」といったところかもしれない。長澤まさみと榮倉奈々とコンビは、組み合わせは、良かった。さて、これから二人がどのような道を歩くのか興味のあるところだが、現実に、今、長澤まさみは、ロケでインド・ガンジス川の畔だろう。榮倉奈々は、どうか。次の仕事は、入っているのだろうか。一つドラマが終わると、出演者達は、違った道にすすむが、いつかまた、共演することもあるだろう。これこそが、ドラマなのかもしれない。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』も面白、可笑しく最後は、「過去を生きるより現実を生きよ」といった人生哲学のようなメッセージを残して終了したが、榮倉奈々は、クランクアップの際に、号泣したとか。なぜ号泣したかは、その本心は、本人に聞いてみないとわからないだろう。榮倉奈々の本心は、如何。実際は、挨拶しそこなったとかで、号泣。誰と?挨拶しそこなったのか。それは、「ケンゾー」だということらしい。だが、再び、「ケンゾー」のお出ましで、丸く収まったらしいが。何かと、いろいろと、あるものだ。今後の若手女優、長澤まさみと榮倉奈々に期待。
posted by nagasawa at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話12

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。第十話。また、少しばかり視聴率が落ちたか。17.2%だ。今までは、一話完結編の展開だったが、今回は、最終話へと、続編にしたところが、にくい演出だ。長澤まさみと榮倉奈々、どちらのファンも次が最終話となると、当分の間、TVで連続的にお目にかかれないとなると寂しさが出るやもしれんが、次に出演したときの成長振りを期待しておこう。それはそうと、長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』、最終話は、どのような展開になるのか。それは、この第十話に隠されているのではなかろうか。推測するに、それは、小学校での礼の怪我、そしてその直後の礼と健の交わした言葉。第十話をまじまじと見ていれば、その辺りのところから何か出てきそうな引張ってきそうな感じがしないでもない。つまり、ハッピーエンドで終わるとすれば、「小学校での礼の怪我、そしてその直後の礼と健の交わした言葉。」ここしか、ドラマ展開としては、演出としては、ハッピーエンドで終わる物語として、引張ってこれないのではなかろうか。少しばかりメルヘンチックになるような長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』だが、もともと、メルヘンチックなところがあったのだから最終話もメルヘンチックで閉めても可笑しくはないだろう。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』は、過去に飛ぶのだからファンタジーな物語だ。それにしても、長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』は、他のTVドラマに比べれば、娯楽として、まずまず、見るに値したドラマではなかったろうか。演出と出演者が、ほど良くかみ合っていたのかもしれない。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』、最終話に期待。
posted by nagasawa at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話11

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。第九話。少しばかり視聴率が落ちたか。18.1%だ。エリと尚のキスシーンは、視聴率アップにつながらなかったのか。残念でならない。しかし、今回は、榮倉奈々の出演時間が少しばかり短かったのではなかろうか。榮倉奈々ファンにとっては、重ね重ね残念でならないだろう。しかしながら、礼と健の掛け合いのあのじれったさは、なんなのだろうか。健の礼に対する言動は、現実的にありうるだろうかとイライラしているのは、視聴者だけだろうか。そこが、演出の狙い目なのだろうか、それにしても、しつこ過ぎるほどのじれったさだ。今回も最後の写真ということで、気を持たせたが、なんでもない話だ。次回も写真がどういうわけか用意されているのだ。また、過去に飛ぶことになるのだが、この辺りが、限界だ。ドラマとして飽きが来る。またかという感じになる。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』も残り二話。ドラマ的に限界に来ているには違いない。このような筋書きでいつまでもズルズルと引張っていれば、視聴率も落ち込んでくるだろうから、そろそろ終止符というところだろう。長澤まさみの礼と健の関係があまりにも引きずりすぎだ。それでもなんとか視聴率がもっているのは、長澤まさみと榮倉奈々、濱田岳などが出演していて色を添えているからだろう。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、とにかく、配役・キャストが良かった。青春ものとして、フレッシュさもどことなく感じられた。その辺りが、他のドラマと違い視聴率を押し上げてきたのだろう。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』・残り二話。
頑張れ。
posted by nagasawa at 22:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話10

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。第八話。視聴率が、一気に上昇した。初回に迫る勢いだ。19.1%は、当然かもしれない。これから最終話まで目が離せないだろう。どのような形で、どんでん返しがあるかが、今から楽しみでならない。この期待を裏切らないような演出効果・シチュエーションであって欲しい。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』と菅野美穂・『わたしたちの教科書』くらいしか、ドラマとしての魅力がない。TVのドラマが、まともな脚本なし同然で、低迷しているわけだ。いにしえのドラマと比べて、興味が湧かない。次が、早く見たいと思わせない。しかしこの二本のドラマは違う。それだけに、最後まで、期待を裏切らないでもらいたいものだ。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』のよさは、長澤まさみと榮倉奈々の静と動がうまく補完しあっているところかも知れない。礼と健、エリと尚そして幹雄の冷静さがうまくかみ合っているといえるだろう。そこに割って入ったのが多田ということになるのだが。この取り合わせ、取組みがうまくかみ合っている。エリと尚が、面白い。尚の性格・言動が、また、長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』を盛り上げているといっても過言ではない。今回のテーマでは、学生時代には、よくある仲の良いグループ行動のあり方?というかそのようなシーンも、うまく演出されていた様に思うのだが。ともあれ、残り数話になってきた。いにしえの青春物などは、『青春とはなんだ』などは、一年通してあったが、それと、少しばかり筋書きが違う『青年の樹』・『ただいま11人』など、これらを超えるようなドラマは、演出できないのだろうか。社会派では『事件記者』。いい番組は、いつまでも心に残っているものだ。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』と菅野美穂・『わたしたちの教科書』もそのようなドラマであって欲しいのだが。6月3日に20歳を迎えた長澤まさみ。今後の若手女優としての活躍に期待。長澤まさみ・どういうわけか、20歳になる前に十代が、終わりだということで、泣いてしまったらしい。
posted by nagasawa at 22:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話9

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。第七話。視聴率が急低下したのは、どういうわけだろうか。14.6%とは、思いもよらない数字だが。裏番組に何かあったのだろうか。長澤まさみと榮倉奈々の浴衣姿は、初々しくて似合っているではないか。榮倉奈々・エリ役とと濱田岳・尚 役がいつの間にかうまくいっているではないか。歴史は、過去は、動いているってか。長澤まさみ・礼役は、動じて動かずといったところか、最後の最後まで、気を持たせるのだろう。水風せんは、懐かしい。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』という画像の中だから、少しオーバーに演じているのだろうが、あれほどまでには、投げ合わないだろう。青春の一つの思い出ということだろう。なかなかのうまい演出ではなかろうか。「あれって、やったことあるよな」という演出効果を狙っているのが、視聴者を引き付けるのだろう。健は、過去に戻れなくなる?そうではないだろう。過去に戻るに決まっている。でないと、話が、すすまないわけだから。また、どのようにして過去に戻るかだ。ここが、面白いのだ。あっ、そういう手があったのか、そうことだったのかと思わせるのが、長澤まさみの『プロポーズ大作戦』の画像の中には、よく出てくる。うまい演出効果を狙っている。青春時代の夢を追っているかのようだ。何かしら、聞いたことのある歌の文句になってきたが。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』もいよいよ佳境に入っていく。これからの展開が楽しみの長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』、頑張れ。
posted by nagasawa at 22:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話8

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。第六話。前回、第五話のコメントの時に『長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』の画像、次回から過去の写真が、長澤まさみ・礼と健との思い出の写真から多田との思い出の写真になるようだが、そこのところで、健がどのような形で過去に遡りどのような関わり合いを持っていくのか、興味の湧くところだ。写真の中に健自身がいないと過去へは遡ることができないのでないか。その辺りが、どうなのか、どうのようにして過去へ遡るのか』とコメントしたが、写真の中の写真とは、考えたものだ。ちょっとしたトリックに視聴者は、引っかかったのではなかろうか。してやられたという感じだ。「サプライズ」といえば「サプライズ」だが、小癪なてを使いやがってという感じがしないでもない。プロには、勝てないか。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。今回、第六話は、如何。長澤まさみと榮倉奈々の出演時間は、長澤まさみ・礼役が若干上回ったか。仕方ない誕生日だ。テーマは、面白かったのではなかろうか。人生の中での「思い込み」と「すれ違い」・とどのつまりが、「後悔先に立たず」といったところなのだろうか。俳優・財津一朗だったら、「非常に、サミシー」と演技するかもしれないが、青春学園ものとしては、そうもいかないだろう。前回、第五話の「キスシーン」のせいか、視聴率も17.4%というらしいから、上昇気流にのるか。だが、今回・第六話は、前回・第五話のようなインパクトがなかったように思える。だが、長澤まさみ・礼と健との人生の中での「思い込み」と「すれ違い」の演出が、演技が、視聴者にどれだけ受け入れられたかによるかも知れない。現実の人生と誰しもが重ね合わせることのできるドラマ演出だったのには、間違いないだろうから。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』・視聴率・18%目指して頑張れ。
posted by nagasawa at 22:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話7

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。第五話。長澤まさみ・礼の祖父役で、ベテランの夏八木勲がゲスト出演していたが、要所を締めているなと感じた。今回は、長澤まさみ・礼が中心というか、出演時間の長さからして、結構、出ていたのではなかろうか。視聴率も上昇傾向で、17%手前まで待ちなおしているからたいしたものだ。長澤まさみ・礼の「キスシーン」の瞬間的視聴率は、いかがなものか。この「キスシーン」で、次回からの視聴率が、ますます上昇傾向に拍車をかければよいが。純情・素朴といえるかどうかは、わからないが、コミカルに、コメディータッチになっているので画像全体にいやらしさを感じさせないのが好感が持てる。一種の清涼飲料水的なところもないではない。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』の画像、次回から過去の写真が、健との思い出の写真から多田との思い出の写真になるようだが、そこのところで、健がどのような形で過去に遡りどのような関わり合いを持っていくのか、興味の湧くところだ。写真の中に健自身がいないと過去へは遡ることができないのでないか。その辺りが、どうなのか、どうのようにして過去へ遡るのか、長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』のHPでの予告編でも『?』にしていてもらいたいところだが、とんだ「サプライズ」があれば、面白みのある「サプライズ」があれば、また一段と、興味が湧く『プロポーズ大作戦』ということになるのだが、果たしてどうなる。
posted by nagasawa at 22:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月04日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話6

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』となりそうな気がしないでもない。当然、プロポーズの主は、長澤まさみ・礼なのだが、榮倉奈々・エリもまた、プロポーズというか、濱田岳・鶴見尚役から迫られているわけだから、それも猛烈にアタックされているのだから、どちらが、どちらともいえそうにない。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』。視聴率もまた、復活の兆しを見せてきているではないか。やはり、この青春ものというか、学園ものというかは、面白い。おそらく、世代を超えて、見ることのできる堪能できる、何も考えずに見ることできる昔ながらのドラマ展開のような気がしないわけでもない。長澤まさみと榮倉奈々を組ませたのは、正解かもしれない。どちらがどうでも転ばない。というドラマ展開だ。長澤まさみ・礼が、仮にインパクトのない演出を今回したと仮定しても、それを榮倉奈々・エリが、フォローする演出をやってのける。その逆もまたありうるわけで、また、長澤まさみと榮倉奈々の相乗効果も狙った演出をやってのけるかもしれない。当然のことながら、長澤まさみと榮倉奈々の相乗効果を沸き立たせるのは、脇役人の取り巻きもある。教師役や生徒役の演出も当然ながら固めていないと、一旦、下降気味の視聴率も巻き返しまではできないところだ。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』は、今のところは、結構、好いせんいっているのではなかろうか。長澤まさみと榮倉奈々の『プロポーズ大作戦』・この調子で頑張れ。期待大。
posted by nagasawa at 22:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話5

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。榮倉奈々・エリ役だが、少し榮倉奈々を、追って見たくなった。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。長澤まさみの画像が、中心なのだが、エリ役・榮倉奈々が気になるので、榮倉奈々の画像を追ってみよう。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、画像・映像・ドラマとしてパターン化してきているので、後は、長澤まさみ・礼の心境がどのように変化していくかというところが、テーマになっていくのだろうから、やはり、一つのパターンが見えてきたというところか。エリ役・榮倉奈々は、1988年2月12日・鹿児島産。趣味など見るとどちらかといえば文系といったところか。まだまだ、これからが楽しみな若手女優の一人だ。榮倉奈々は、篠原涼子を目標にしているようだが、うなずける面もある。おそらく性格も似通っているのではないだろうか。これまでに、主演映画が三本といったところは、これからの若手女優といったところだし、演技もこれから幅を広げていくといったところだが、女優としての大成は、その片鱗を見せている。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』の中で見せる演技もぎこちなさはない。榮倉奈々・エリ役にのめりこんでいるのが、画像からでも鮮明に出ている。主演が長澤まさみなのか榮倉奈々なのなのかと思わせるときもないではない。それほどの役柄だ。濱田岳・鶴見尚役は、脇役を完全に一人で埋めているといっても過言ではないだろう。周りが引き立って見えるのは、濱田岳・鶴見尚役のおかげといったところかもしれない。長澤まさみなのか、榮倉奈々なのなのか、ファン同士で揉めそうな画像が、『プロポーズ大作戦』の面白いところの一面なのかも知れない。
posted by nagasawa at 22:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話4

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』。結構、面白いぞ。長澤まさみも結構いいが、榮倉奈々が、なかなかの脇役をやっている。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、上野樹里の『冗談じゃない!』と互角に渡り合うかもしれん。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、見るところ若者向きの画像に見えるのだが、「過去に戻りたい。もう一度、やり直したい時代がある」という設定は、どの世代にも共通するもの、ノスタルジャに陥る可能性は、誰もが持っていること。ということは、そのうち、長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、視聴率が、上昇していくかもしれない。そんな見方もできる。『過去をめぐるツァーに参加しているのではない』という内容の台詞は、極めて面白みある台詞だ。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、コミカルではあるが、せつなさもともなって、若い世代が演じる画像に見入って入るが、これからの長澤まさみの『プロポーズ大作戦』のドラマ展開が、いかなる方向に向いていくかだ。結局、最後のスライド写真が何なのかだ。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』が、ノスタルジャの世界に引っ張り込む力が、これからも持続するかだ。一コマ一コマの写真がスライド形式で流れていく辺りは、時間の流れを止めることができないような設定になっている感があり、それに主人公達が翻弄されているとも考えられるのだが、長澤まさみの『プロポーズ大作戦』果たして、今後の展開は如何。
posted by nagasawa at 22:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話3

長澤まさみと画像。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』、初回の視聴率はいかがなものか。長澤まさみのウエディングドレス姿には、ハラハラされられたが、長澤まさみの画像このドラマ『プロポーズ大作戦』は、最終的に、どんでん返しがあるかどうかという結末に終始していくのではなかろうか。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』の初回を見ていてそう感じたのだが。要は、スライドの中の過去の出来事に再トライするという話の進め方で、引っ張っていき最終的に、どうなのか、気をもませるという設定のような気がしないでもない。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、過去の一コマ一コマが、変化するが、結果は、変化しない。これが、徐々に長澤まさみ演じる「礼」に変化を与えていくのか、どのような変化をしていくのか、このあたりが、テーマだ。長澤まさみ演じる「礼」の初回の式場で最終話を迎えそうな気がしないでもない。ポイントは、過去のスライドの中にあるということになる。この筋が、あたっていれば、中だるみで視聴率は、落ちるかも。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、一コマ一コマのスライドのインパクトが出てくるかどうかによるだろう。長澤まさみ、山下智久、榮倉奈々ファンにとってみれば、見逃せないのだろう。若い世代のSF恋愛ドラマ?ということは、若い世代には、受けるかもしれない。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』は、上野樹里の『冗談じゃない!』と視聴者の世代が、相違しているかもしれない。なぜなら、織田、大竹が共演しているからだが。さて、長澤まさみの『プロポーズ大作戦』の次は、『ホテリアー』、『生徒諸君』と続くわけだが、楽しみだ。長澤まさみの『プロポーズ大作戦』、初回の視聴率は、19.3%ということらしい。上野樹里の『冗談じゃない!』の視聴率といい勝負。
posted by nagasawa at 22:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月31日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話2

長澤まさみと長澤まさみの画像。長澤まさみの画像というか、エピソードが、ここのところ少ないと思いきや意外なところから、長澤まさみの画像が入ってきた。『プロポーズ大作戦』にしても、長澤まさみの宣伝とうか、これらのいわゆる『番宣』と言うものが、上野樹里の『冗談じゃない!』ほどされていないような気がしていた。不思議に思っていたのだが・・・。4月から、ラジオ番組を持つようだ。その中で、長澤まさみ、曰く「ラジオの聞き方は、よくわからなかった。雑音を調整することができなかった。地方のラジオ番組に出ている内に、緊張が解けて、思うようにしゃべれるようになった。テレビでは、誤解されることもあるので、うまくしゃべれなかった。ブログも公開していないし、自分の気持ちを伝えることが、できなかった。ラジオで、自分の思いなど、伝えていければ、親近感も出てくると思う。」と言うような内容のことを、このラジオ番組出演にあたって、話をしているが、成る程、長澤まさみのこの話を見る限り、話す場や話し方に迷いがあったのかもしれない。長澤ますみのコメントが少ないはずだ。長澤まさみも、このラジオ番組で、変わってくるだろう。何せ、このラジオ番組、視聴者からタイトルを募っているようで、なおかつ、長澤まさみが、気に入るものが、応募されるまで、タイトルは、ただ「長澤まさみ」とだけ番組欄等には、記載されているといから、念の入れようだ。と言うより、長澤まさみのこの番組にかける心意気のようなものを感じさせる。「清純派とかセクシー派とか」そのような文字に踊らされないように、しっかり、若手女優の道を歩んでもらいたいものだ。
posted by nagasawa at 23:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

長澤まさみと長澤まさみの画像のお話1

長澤まさみの画像となると、2000年度にスクリーンデビューした「クロスファイア」だと思う。長澤まさみの画像で、映画初物だから、これは、記憶に残っている。子役・かおり役を演じていたが、映画最後の場面で、TVを前にして、「バイロキネス」で、TV中の人物を燃やし尽くしてしまう役柄だ。長澤まさみの画像は、記憶にあるのだが、やはり、主役を務めた矢田亜希子の画像の方が、脳裏に焼きついている。とはいうものの、やはり実力派か、ここ5〜6年で、一躍、著名になった長澤まさみの画像を知らぬものはいないだろう。少しばかり、長澤まさみ自身のホームページをのぞいて見た。イラスト風の長澤まさみの画像だと思うのだが、真ん中に座っており。まわりは、イラストでさまざまな図柄が描かれている。ついでだから、ある部分を、クリックしてみると、Q&A形式でテキストが出てきた。結構、髪型の話が多く、「セカチュー」では、「クリクリ」にしたと長澤まさみ、本人がいっている。また、髪の毛は、乾かして寝ないと、雑菌が付くから、乾かしてから、おやすみになるようだ。インタビューでは、言葉に気をつけ、選んで話しているらしい。日本語は、いろいろな表現があって難しいので、勉強中だそうだ。子供の頃の夢は、「保育士」になるのが、夢だったとか。子供が好きらしい。と、この中で、長澤まさみの画像として、マニキュアやでこ(額)丸出しの画像そして、本人が持っているピンキーリングやゲームボーイの画像まで、取り揃えてあった。この4月からまた新番組のドラマを持つ。「プロポーズ大作戦(仮名)」の長澤まさみの画像も、早く見たいものだ。とにかく、実力派の女優として、長澤まさみの画像は、見逃すことはできない。
posted by nagasawa at 22:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。